生理痛

生理の時にこんな症状や悩みはありませんか?

  • 生理が始まって1~3日目くらいまで下腹部が痛む。
  • 生理が始まる前〜3日くらいまで頭痛がある。
  • 生理中は、腰がだるく、重く感じる。
  • 吐き気や胃が痛んだりすることがある。
  • 肩こりやイライラ、集中力の低下、身体全体のだるさを感じる。
  • 生理がもうすぐ来る・・って思うだけで憂うつになる。
  • もう、痛み止めの薬は飲みたくない!

イメージ画像

生理痛と言っても、出る症状はとても個人差があって千差万別なんですね・・。
原因としてその要因の最も大きいのが、プロスタグランジンという生理活性物質の分泌が増加することにあります。

 

 

イメージ画像

生理が近づくと子宮内膜から、このプロスタグランジンという物質の放出量が急に増えます。

プロスタグランジンは子宮を収縮させて生理の経血を身体の外に排出させようとします。
このときのプロスタグランジンの量が多すぎると収縮が強くなり、陣痛に近いようなキリキリとしめ付けられるような痛みが発生します。

また血管を収縮させる作用もあるため、腰が痛くなったり、手足が冷えたりすることがあります。

つまり、生理痛のある女性はこのプロスタグランジンの量が多いんですね・・。
胃が痛んだり、食欲不振、だるさや吐き気なども、このプロスタグランジンが影響しているようです。

 

痛み止めの薬を飲んだりする女性が多いようですが、それはあくまでも一時的に痛みを感じ無くさせているだけですよね・・。

生理痛そのものももちろんですが、生理がもうすぐ来るな・・って思うだけで、ちょっと憂うつな気持ちになったりしまったり・・・。

そんな気持ちを晴れ晴れとした気持ちに変えていきたい・・。
そんな切なくて、憂うつな気持ちをなんとか解消したい!

心の声がそう叫んでいませんか??

 

夢見整体院では、なによりも骨盤を中心に、背骨や腰の筋、筋膜のバランスを整えていくことで、骨盤内の血行を良くしていき、自然治癒力を高めていくことで、子宮内膜から放出されるプロスタグランジンの量を改善していくように照準を置いて、施術していきます。

骨盤は、子宮や卵巣にとって「ゆりかご」だと考えています。
「ゆりかご」がゆがんでいたら、その中の女性特有の子宮や卵巣という臓器も、居心地が悪くて、正常な働きが出来なくなってしまうことがあるのです・・。

「ゆりかご」である骨盤、そして身体をしっかり整えて、自然治癒力が高まれば生理痛の解消だけでなく、身体そのものもバランスの取れた健康的な身体にしていくことにつながります。

生理痛で、少しでも悩んでいたり、切ない思いがあったとしたら、
お気軽に、夢見整体院にご相談下さいね・・。

イメージ画像

夢見整体院

当院のご案内

  • 〒212-0055 神奈川県川崎市幸区南加瀬2-28-4
  • 江川町、南加瀬住宅前のバス停留所から徒歩5分
  • TEL / FAX:0120-985-371

スマホの方はここを押すと電話がかかります

営業時間
9:00〜12:00
15:00〜19:00
  • ※祝日は12:00まで。
  • ※定休日は水曜・土曜・祝日の午後
  • ※時間外施術も受け付けています。事前にご相談ください。
LINE予約はこちらから