オスグッド病(オスグッドシュラッター病)

こんな症状はありませんか?

  • ひざの下が痛くて正座できない。
  • 走ると、ひざが痛い。
  • ひざのお皿の下が出っ張っている。
  • ひざのお皿の下を押すと痛い。
  • 自転車をこぐとき、ひざに痛みがある。
  • 階段を昇るとき、降りるときに痛みがある。
  • 歩くと、ひざが痛い。
  • ひざの裏にも痛みがある。
  • 病院で、「成長痛」だから治らない・・と言われた。
  • 痛みがあっても、なかなか部活が休めなくてさらに痛みが強くなった。

オスグッド病(オスグッドシュラッター病)は、サッカーやバレーボール、バスケットボール、陸上競技、野球などスポーツをする小学生から 高校生に多く発症します。

ひざのお皿(膝蓋骨)の下にある脛骨粗面に痛みがあり、安静にしていれば一時的に痛みが少なくなるような初期の症状から、歩くこともつらいというかなり進行した症状までさまざまです。

イメージ画像

中学生や高校生が部活での運動のしすぎで症状が出た場合、運動して休んで、運動しては休んでを繰り返しても改善すること無く、ついには歩けないほどの症状になってしまうというケースも少なくないのです。

オスグッドは前述したように中学生や高校生に症例が多いので「成長痛」と思われていますが、

「オスグッド」=「成長痛」では無いのです。

膝蓋骨の下の脛骨が出っ張って、そこに痛みがあるので原因はこの脛骨の出っ張り部分・・と思われがちですが、一番の原因は太ももの筋肉である大腿四頭筋の硬直にあるのです。

ランニングやジャンプを繰り返すことにより、大腿四頭筋が硬くなり、脛骨粗面が引っ張られ、若さにまかせてしまって、疲れがまだ解消されないうちにまた 激しく体を動かすことで、筋肉はさらに硬くなり緊張状態になっていきます。

筋肉が硬く緊張した状態が続くと伸縮がきちんとできなくなって、大腿四頭筋、さらには膝蓋腱、膝蓋靱帯が付着している脛骨粗面に負担がかかってしまいます。

これがオスグッドの痛みの原因、また痛みが膝蓋骨の下、脛骨粗面に出る要因なのです。
出っ張っている骨そのものに痛みの原因があるのでは無いのです。

 

整形外科などの病院では、一般的に湿布、電気治療、痛み止めの薬、テーピング、ストレッチやマッサージなどがありますが、根本的な痛みの解消には繋がっていないことが多いようです。

また、オスグッド病の痛みがある場合、そのお子さんは太ももの大腿四頭筋だけでなく、股関節、腰関節、肘関節なども各関節の柔軟性が乏しい場合が多いということがあります。

このことが原因で脊椎や骨盤のゆがみ、関節のねじれなどが起きてさらなる身体のネガティブな影響が出ることがあるのです。

 

夢見整体院では、大腿四頭筋の緊張を取り除いていき、ひざ関節、股関節、足首の関節、骨盤のゆがみの矯正を主として施術していきます。

現段階でのお子さんの筋肉の状態、関節の可動域をしっかり把握していきながら、スポーツでどの程度、身体を動かしたら良いかなどのアドバイスもしていきます。

「痛みがあるけど、部活は休めない、ライバルに先を越されてしまう・・」
「痛みは良くなったけど、またいつ再発するかな・・?」
などといった精神的な不安も一緒に取り除いていきたいと思っております。

激しいスポーツを続けているお子さんのひざの痛みが少しでも気になったら、早期改善のためにも早期に、夢見整体院にご相談くださいね・・。

だいじょうぶ。そのオスグッドの痛み、きっとよくなりますよ・・・。

イメージ画像

夢見整体院

当院のご案内

  • 〒212-0055 神奈川県川崎市幸区南加瀬2-28-4
  • 江川町、南加瀬住宅前のバス停留所から徒歩5分
  • TEL / FAX:0120-985-371

スマホの方はここを押すと電話がかかります

営業時間
9:00〜12:00
15:00〜19:00
  • ※祝日は12:00まで。
  • ※定休日は水曜・土曜・祝日の午後
  • ※時間外施術も受け付けています。事前にご相談ください。
LINE予約はこちらから