ジャンパー膝(ジャンパーズニー・膝蓋靱帯炎)

こんなお悩みや、あてはまることはありませんか?

  • ひざのお皿の下が痛い。
  • 階段の上り下りをすると、ひざの下が痛い。
  • 走り幅跳びや走り高跳びなどの陸上競技をやっている。
  • バスケットボール、バレーボール、サッカー、野球をやっている。
  • ダッシュや急なストップなどの走る動作を繰り返すことが多い。
  • 長距離走、短距離走などのランニングをがんばっている。

まず、膝蓋靱帯の場所ですが、下記の図をご覧下さい。

膝蓋靱帯

ひざのお皿(膝蓋骨)の下にあるのが膝蓋靱帯です。
(膝蓋骨の上の部分も含める場合もあります。)

膝蓋靭帯は、ひざのお皿、つまり膝蓋骨をはさんで、太ももの前の筋肉である大腿四頭筋とつながっています。

膝イメージ画像

膝蓋靱帯炎は、
スポーツなどによる、急なストップ動作、ダッシュ、ジャンプ、キックを
繰り返すことなど、連続する膝関節への負担により、太ももの筋肉(大腿四頭筋)に疲労がたまり、硬くなります。   

硬くなった大腿四頭筋による過度な牽引力が膝関節周囲に繰り返し加わり、
膝蓋靱帯に微細な断裂、または損傷を引き起こし、炎症、血流障害などが起きて、痛みが現れます。

痛みが初期の段階では、
レントゲンやMRIなどでは異常が見られないことが多く、わずかな期間、休止しただけで、またスポーツを始めることで再発、または、さらに痛みを悪化させることが多くあります。

まれに、膝蓋骨のすぐ下に石灰が溜まり(石灰化)、骨棘・こつきょく(骨のトゲ)ができている場合もあります。

多くの場合は、ひざのお皿の下にある膝蓋靱帯に痛みを多く訴えるので、膝蓋靱帯をそのものを押すと鋭い痛みを感じます。

整形外科では、保存療法で経過観察することが多いようです。
・現在行っているスポーツを一端中止させる。
・ストレッチ
・アイシング
・痛み止めの薬やシップ(薬物療法)
・ヒアルロン酸、ステロイドなどの注射

夢見整体院では、膝蓋靱帯炎(ジャンパーズニー)の施術は、得意分野です。
まず、歪みを的確に見つけて骨盤、脊柱を矯正し、股関節を整え、さらに大腿四頭筋を充分にほぐし、緩めて、膝関節に対しあらゆる施術方法にて骨盤~股関節~膝関節~足関節のバランスを整えていきます。

さらに痛みのある部分をピンポイントで矯正し、膝蓋靱帯にある痛みや炎症を改善していきます。

早ければ1回の施術で、またはほんの数回の施術で、痛みを取り除くことができます。

膝蓋靱帯炎でいらしたTさん

膝蓋靭帯炎は、痛みを我慢し続けていると、やがて腱そのものが厚くなり(肥厚)、改善しにくくなってしまいます。

そのためにも痛みを感じたら早く施術を開始することを心底、オススメいたします。
膝蓋靱帯炎(ジャンパー膝)かな?と感じたら、お気軽に、そして早期に川崎市幸区の夢見整体院にご相談くださいね。

イメージ画像

夢見整体院

当院のご案内

  • 〒212-0055 神奈川県川崎市幸区南加瀬2-28-4
  • 江川町、南加瀬住宅前のバス停留所から徒歩5分
  • TEL / FAX:0120-985-371

スマホの方はここを押すと電話がかかります

営業時間
9:00〜12:00
15:00〜19:00
  • ※祝日は12:00まで。
  • ※定休日は水曜・土曜・祝日の午後
  • ※時間外施術も受け付けています。事前にご相談ください。
LINE予約はこちらから