脊柱管狭窄症

  • 腰が重く、痛みがある。
  • 片足、または両足にしびれがある。
  • 歩くと足がジンジンとしびれ、休むと楽になるというように  歩いては休んで、歩いては休んでを繰り返す。(間欠性跛行かんけつせいはこう)
  • 身体を後ろに反らすのがつらい。
  • 前かがみになると痛みが楽になる傾向がある。
  • 歩行困難や排尿、排便障害がある。

(腰部)脊柱管狭窄症は、50代以上の男性に多く、腰に負担がかかる様な仕事やスポーツを続けていたり前かがみや座りっぱなしなど長時間同じ姿勢とることが多い環境で運動不足だったり、
また、腰をひねったりする動作を続けたりすることが多い方が発症することがあります。

上の絵は、背骨を横から輪切りにして、上から見たところです。

年令による筋肉や靱帯などの硬化、運動不足または腰部の連続的な負担が原因で、
後縦靱帯や黄色靱帯が肥厚したり、椎間板が変性を起こすことにより脊髄神経、または脊髄神経がおしりのあたりで枝分かれする馬尾神経を圧迫するために上記のような症状が起こります。

しかし、この圧迫を手術などで取り除いてもその後、まだしびれや痛みがあるというケースは少なくありません。
それはなぜでしょうか・・・?

脊柱管狭窄症の原因となる部分には血流の障害や神経周辺に炎症が起きていることが多く、そのために筋肉や靱帯が硬くなり、それが痛みやしびれの本当の原因であると考えられます。

血流を促し、筋肉がやわらかい状態にしていき、また過敏になっている神経を沈静化させることにより、脊柱管狭窄症の症状である痛みやしびれは出にくくなります。

夢見整体院では、狭窄の起きている部位に向けて的確に施術し、痛みやしびれのために発症している骨盤や背骨のゆがみを取り除き、さらに足のしびれ感を緩和していきます。

腰部の脊柱管狭窄症と診断されていても、手術を行わずに改善、緩和することは多くあります。

夢見整体院での施術によって健康な身体を目指し、そして
元気な生活を夢見て一緒に改善に向けてがんばりましょう!

腰部脊柱管狭窄症で夢見整体院にいらしたOさん(70代)

2週間くらい前から両側のおしり~下腿後ろ側に
しびれと痛みを感じるようになり、
病院でMRI検査の結果、腰部脊柱管狭窄症と告げられる。
できることなら手術はしたくないとのことで夢見整体院にいらっしゃいました。

後ろに身体を反らすと、痛みとしびれが足にジーンと激しく出ていたが、
数回の施術後、下腿後ろ側のしびれ感が右足だけになり、
その後も施術を続けることにより、しびれ感がかなり良くなる。

最初に施術を受ける前は10分も歩くとしびれが強くなっていたのが
普通に歩けるようになった。
同じ姿勢を続けたり、腰に負担がくるようなことを
続けると痛みが出ることがあるが
そのたびに夢見整体院にいらしていただき施術後は楽になり、普段の生活も
ほぼ支障なく過ごされています。

イメージ画像

夢見整体院

当院のご案内

  • 〒212-0055 神奈川県川崎市幸区南加瀬2-28-4
  • 江川町、南加瀬住宅前のバス停留所から徒歩5分
  • TEL / FAX:0120-985-371

スマホの方はここを押すと電話がかかります

営業時間
9:00〜12:00
15:00〜19:00
  • ※祝日は12:00まで。
  • ※定休日は水曜・土曜・祝日の午後
  • ※時間外施術も受け付けています。事前にご相談ください。
LINE予約はこちらから